ホーム > レザー財布のコラム > レザーの財布選びのポイントについて

レザーの財布選びのポイントについて

 日々持ち歩くものであり、必需品との一つといえば財布ではないでしょうか。財布はそう頻繁に買い換えるものではないからこそ、いざ買い換える時にはどの財布にするかで悩むことになるのではないでしょうか。二つ折りや長財布など、タイプの違いもありますが、それと同時に素材も様々です。財布の中でも人気の高い素材といえば、やはりレザーではないでしょうか。レザーというと本革をイメージしがちですが、レザーの中には本革だけではなく合皮もあるのでしっかり確認してから購入しなくてはなりません。ブランド品もあればノーブランドの本革や合皮があります。もちろん本革と合皮ならばどちらのほうがが良いと一概に言うことはできず、それぞれにメリットもあれば、デメリットもあります。希望に合う方を選ぶ必要があります。

 本革のメリットは、しっかりと手入れをしていればかなり長く使用することができ、なおかつ使い込むほどに味わいを増すと言う点ではないでしょうか。それだけではなく、手触りも独特で香りも本革ならではのものがあります。多少の傷ならば目立つこともありません。しかし本革となれば、合皮と比べると財布の値段自体が高くなってしまいがちです。もちろん財布の値段は、ブランドなどによって違い、高ければ良い革と決まっているわけではないので気をつけなくてはなりません。合皮は本革よりもリーズナブルなものが多く、気軽に購入することができると言うメリットがあります。本革のように手入れをする必要がないのも、良い点です。しかし合皮は本革ほどは長持ちしにくく壊れやすいと言うデメリットがあります。

 本革も合皮もどちらにもそれぞれにメリットもあればデメリットもあるので、レザーという言葉で全て同じと判断してしまわないようにしましょう。高い財布ならば品質が良いと考えてしまいがちですが、高額でもそれほど良質ではないレザーの財布ももちろんあります。財布は一度購入すると、そう買い換えることはないからこそ、使い勝手の良し悪しもしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。デザインが良くても使い勝手が良くないと、長く使い続けることはできません。本革を持っているほうが、大人としての品格もアップしますが本革でメンテナンスをしなくても良いものはなく、メンテナンスしてないと汚くなってしまいます。メンテナンスをしっかりとする必要があることを頭に置いておき、手入れしやすいものを選びましょう。

次の記事へ