ホーム > レザー財布のコラム > レザーの際は選びで注意すべき点

レザーの際は選びで注意すべき点

 財布によって持ち主がどんな人なのかというステータスを判断するという人も多く、財布の良し悪しはかなり重要なポイントとなってきます。財布のデザインやカラー、素材やタイプも豊富にあり、どれを選べば良いかで悩むのは当然のことですが、数ある財布の中でも昔から根強い人気となっているのがレザーの財布です。レザーは安いものから高いものまで選択肢も豊富にありますが、購入時には本革か合皮かということはあらかじめチェックしておくようにしましょう。もちろん合皮よりも本革の方が基本的には長持ちし、上品で洗礼された印象を与えることができるというメリットがあります。しかしその分、合皮よりも財布の値段自体が高額になっているので、金銭面の負担も大きくなることは間違いない対えるのではないでしょうか。

 レザーの財布を選ぶ際には、デザインで判断してしまいがちですが、使い勝手の良さにも注目しておく必要があります。長財布か二つ折りかによる違いはかなり大きくなっており、印象に間違いがあります。長財布は使用している革の量も多くなるので、その分値段も高くなっていますが、大人のビジネスマンならば二つ折りよりも長財布の方ができる大人を演出することができます。その一方で二つ折りの財布は、ポケットに入れて持ち運ぶこともでき、落としにくいというメリットもあります。財布は基本的に毎日使い持ち歩くものだからこそ、デザインの良し悪しだけではなく使い勝手が良いものを選ぶようにしておきましょう。長く使うためには、デザインも大事ですが、使い勝手の良し悪しが重要になってくることは確かです。

 レザーは傷みにくく、本革ならば長く使えば使うほど味が出てくるというメリットがあります。しかしそれは、しっかりとした作りであることが前提となってきます。レザーに限ったことではありませんが、財布は縫製がどれだけ丁寧で細かいところまでしっかりとされているかどうかが重要になってきます。ブランドやノーブランドなど様々なところからレザーの財布が販売されていますが、作られているお店の方針をしっかり把握しておきましょう。デザイン性にこだわりがある財布でも、縫製が雑となればす破れたりほつれたりといったトラブルが起きてしまい、すぐに買い換えなくてはならないという事態にもつながります。財布を長く使うためには縫製の丁寧さにも注目しておくようにし、納得できるレザーの財布を見つけましょう。

次の記事へ